「気絶するほど愛してる!」3/27 1回目公演レポ

⚠️ネタバレ注意⚠️
 

カントリー・ガールズつばきファクトリー、演劇女子部の舞台「気絶するほど愛してる!」を見に行ってきましたー!

ハロプロ関連の舞台を見るのは2度目、「TRIANGLE-トライアングル-」以来。「LILIUM-少女純潔歌劇-」にハマり、ハロの舞台は生で見るべし!と悟ってから行ったところ世界観に引き込まれ、またハロの舞台があったら絶対行く!と思っていたところの上演でした。
チケットが届いた時点で良席な予感にそわそわ。ドラマの人間臭い感じがダメな人なので楽しめるかなーと若干の不安を抱きつつ、席に期待しつつ行ってきました。
 
舞台は50年代の日本。ジャズ喫茶が流行っており、女の子達はスターに熱狂し通いつめる…身につまされる設定です…。ひろこ(稲場愛香)は亡くなった妹しずちゃんが好きだったというビリー星野(岸本ゆめの)に会いに上京。そこでさちこ(森戸知沙希)という心優しいビリーファンの少女と出会い、親衛隊(新沼希空浅倉樹々山岸理子)と共にビリーのおっかけを始める。ところがひょんなことからビリーのバンドメンバーの代役を務めることになってしまい、さちこや親衛隊に嘘をつき続ける苦しさとビリーのそばにいられる嬉しさの間で揺れる…。そんな感じの、ざっくり言えば繋がってしまったアイドルとヲタクの、ヲタク側の葛藤を描いた物語です(個人的解釈)。
 
まず先述の良席の予感なんですが、座席表見た途端に二度見するほど神席でした。3列目はわかってたけどまさかの上手通路側!しかもアナウンスで「開演後のご入場は演出の都合上お待ちいただく場合がございます」って言ってるんですよ。これは「客席降臨があるから通路自由に動けないよごめんね」ってことなんですよ!!!(通う度に上がるヲタク特有の演出察知能力)期待しかない!!!!!自分の運に感謝しつつ開演を待ちました。
 
開演してみるとまず目に付くのは衣装の可愛さ。50年代が舞台とあって基本的に膝丈かそれより下(ミモレ丈ってやつ?)のスカートにシャツインだったりカーディガンだったりタートルネックだったり。ミュージカル調なので歌もダンスもふんだんにあるんですが、くるりと回った時にスカートがふわりと膨らむのがオツですな!個人的に船木結ちゃんと梁川奈々美ちゃんが双子コーデなのにグッと来ました。男性陣(といっても演劇女子部なので女の子達の男装)はロックテイスト。ノースリーブの革ジャン(って言うのか?)にロングパンツ。ビリー星野役の岸本ゆめのちゃんはもともとの足の長さに加えヒールでめちゃくちゃスタイル良くなってて、ひろこ(まなかん)と並んだ時の身長差のリアル加減にこっちがきゅんきゅん来る始末。いやー美味しい。ジャズ喫茶のマダム役の須藤茉麻はどっしり構えた雰囲気を出しつつカーディガン肩掛けのワンピース。レトロファッション好きには堪らん光景でしょう。
 
役柄として目立ってたのはやっぱりまなかんかなぁと。田舎から出てきた子らしく妹に話しかける口調の時は訛りが入ったり、ビリーが好きな気持ちが揺れ動く時に表情が変わったり…。「ビリー好き😆かっこいい😆→本性そんなんなの!?失望した!→でも嫌いになれない😭」なんて流れはヲタクとして「あぁ〜あるある〜」なんて思っちゃいました。
 
そして個人的ハイライト。ビリーはウェスタンフェスティバルという大きなステージに立つのが夢で、それを知っているマダムがプロデューサーと連絡をとり1度ビリーには内緒でステージに呼びます。そして当日、客席にいるプロデューサーをマダムが見つけて駆け寄る…なんてシーンがあったのですが、その時にマダムが客席降臨。真横の階段を降りてくるマダム。「今日はプロデューサーさんがいらしてるからねぇ〜」そして目が合う私とマダム。
 
(これは話しかけられるフラグでは…!?)
 
ヲタクを長いことやっていると何かに当選だとか選ばれるだとか、そういうことをなんとなく察知するようになるものです(※個人の感想です)。
 
マダム「あら〜⤴️今日はよくぞお越しくださいました〜⤴️」
 
私の目の前でしゃがみ目を見てくるマダム茉麻
 
…俺がプロデューサーだ!!!!!!!!
 
そこから私(プロデューサー)におべっかを使い花柄が素敵ですわ〜とスカートを褒められるもうまく返せずにこにこうなずくのみの私。まさに「茉麻は俺を見ている!!!!!!!!」状態。
 
マダム「どなたのファンですの?」
私「…ビリー星野さんです」
マダム「んまぁ〜わかってらっしゃる!!」
 
>>>喋らされた<<<
 
まさか舞台を見に来て役を与えられるとは思いませんでした。はーびっくりした〜と思いつつシーンが進み、また舞台にのめり込む落ち着きを取り戻したあたりでパフォーマンス後のシーンへ。
 
マダム「今日、実はウェスタンフェスティバルのプロデューサーさんがいらっしゃってるのよ〜」
 
ここで私に向かって舞台から手を振るマダム。
 
>>>まだ出番があった<<<
 
皇族のごとく優雅に手を振り返す私。笑いが起こる会場。
 
マダム「どうでしょうか、この子たちウェスタンフェスティバルへの出場は…?」
私「ええ、ぜひ出場していただきたいと(にっこり)」
マダム「んまぁ〜ありがとうございます〜!!!」
 
大役(?)を終えほっと観客に戻る私。そこで舞台上のマダムが(突然ごめんね!ありがとうね!)とでも言うかのように私に向かって手を合わせてきました🙏🏻
 
私(須藤茉麻から…こ、個レスだ…!!!)
 
如何なる時でもヲタク根性が出てしまいますね。かなしい。
 
声が小さくて申し訳なかったけども予想外の楽しみ方ができたことに感謝です🙏🏻
 
そのほかの見どころとしてはやっぱり親衛隊がビリーに沸くシーンですかね〜。私が地下ドルからハロプロまで幅広く推してるのもあり、曲とファンサに合わせて黄色い声援を送るシーンは「わかるゥ↑↑」ってなりましたし、曲中で全力ケチャみたいなのをしてた時はめちゃくちゃうずうずしました。だってヲタクだもの。その点では身近な設定だったかな。
 
最後の方はビリーが引退を決意したりさちこが肺炎になって生きる気力がなく回復が見込めない状態になったりとひろこが悩むシーン。悩んだ挙句ビリーにもさちこにも嫌われるような嘘をついて2人を発奮させ、ひろこは去ります。このひろこの自己犠牲の嘘が切なくて悲しくて辛くて、絶対演者から見えてるのにめちゃくちゃに泣きました。エンディングになっても泣くくらい引きずっちゃって絶対まなかんに引かれた…と思ったけどそれくらいまなかんの演技がひろこでした。持ってて良かった厚手のハンカチ。
 
ジャズ喫茶が舞台なだけあって曲はどれもジャジーでレトロな可愛いものばかり!隅から隅まで楽しませてもらいました。やっぱりハロの舞台は生で1回は見ときたいですね!(モーニング娘。'16の舞台を申込みながら) DVDが出たらぜひハンカチを用意して見てください✨

ひなフェス2016 3/20昼夜レポ

今年もやってきましたこの季節!春はひなフェスと単独、夏はハロコン、秋は単独、冬はハロコンというハロプロのサイクルにハマってはや1年。去年は島村嬉唄ちゃんの日替わりが売り切れてて泣きをみたりしましたが、今年はがっつり昼夜両方参戦してまいりました。

 

時間も経って詳しいレポは記憶も薄れてるので、グループごとにいろいろ防備録的に書いていこうかなーと思います。

 

💫グッズ販売

4公演しかないひなフェスということをすっかり忘れていました。昼公演後に行ったところすでに売り切れ続出!私が毎回買っているコレクション生写真も目の前で売り切れ、軽い絶望を味わいながらなんとかお目当ての日替わり生写真をゲットできました。

ハロコンとかだと何週間も各地でやってたりするのでコレクション商品とかはまず売り切れたりしないんですが、さすがに4公演だと売り切れもありますよね…来年への申し送り事項とします。

ちなみに行ったときにはすでにつばきがほぼ売り切れだったりして、やっぱり在庫数に差をつけてんのかなーなんて思ったりもしました。

 

💫研修生

最近の研修生の衣装は青・黄・ピンクの3色に分けてるのをよく着ている気がします。まだ全員の名前は覚えてないけどかえでぃーとルルダンバラはデビュー待ちだなぁなんて。おへその国からこんにちはは沸いた↑↑

💫つばきファクトリー

りこりこ推し。アルバムのことを全く知らなかったので「キャベツ白書~春編~」をカバーしてるのをここで知りました。この曲は初めて聴いたときは涙が止まらなくて、だからこれがまた歌い継がれるのは嬉しいなぁ。「気高く咲き誇れ!」はつばきで一番好き。

💫こぶしファクトリー

あやぱん推し。昼公演はプレミアム回!「チョット愚直に!猪突猛進」から始まったのは高まったな~。こぶしはスルメ曲が多くてほんとに事務所に推されてるな~と思います。昼公演はB9ブロックというせり出しセンターステージ真ん前の神席だったので花道をこちらに向かってくるこぶしメンバーを見ながら「来ちゃう!来ちゃうよ!?!?近いよ!?!?!?」と一人パニックでした神席ありがとう。ファクトリーとついてるだけあってBerryz工房のカバーもしてくれてやっぱりクセのある楽曲はこぶしだな!と思いました。

💫カントリー・ガールズ

まなかん推し。嬉唄ちゃんが抜けてからしばらくやってなかった「恋泥棒」が復活して嬉しさ100万点。センターステージに向かう間にリズムに合わせて自己紹介してて、カントリーはこういうところがPMの手腕が見えるなぁなんて思いながら「大好きまなかん!」を心から叫んでました。新メンバー2人もすっかりカントリー色に染まって、新人とは思えない堂々たるパフォーマンス。新曲では「ブギウギLOVE」が一番好きなんだけど今回はやらなくて残念。「都会っ子 純情」ではふなっきが最後のまいまいの台詞をもらってて最年少感が最高でした。

💫Juice=Juice

かりん様推し。だけど今回はNEXT YOUとしてだったので、こっちの推しはつるりん。やっぱり「Next is you!」はテンション上がりますね。今回衣装は白ドレスでンギャワイイってなってました。「大人の事情」はヲタク訓練されすぎ。昼公演では「ドスコイ!ケンキョにダイタン」をカバーしてたんですが、近くのセンターステージで腕組みしながら見下してくるかりん様とかなともにありがとうございますと思いました。

💫アンジュルム

むろたん推し。こちらも今回の昼はプレミアム回。初っ端から新曲「次々続々」披露でテンションぶち上がり。テンポのいいガンガン系の曲が大好きなので最近のアンジュルムはほんと推せます。あいあいが残念ながらインフルエンザでお休みだったけど、その歌割をかみこがカバーしたりしててあーアンジュルムに馴染んできたなぁなんて感慨深くなったり。衣装も同じ柄の型違いという大好物でした。

💫モーニング娘。'16

ちぇる推し。足を骨折してて単独ツアー八王子の時点で椅子に座ってのパフォーマンスだったので心配でしたがひなフェスから復活!!新曲「Tokyoという片隅」は最初はあんまり?と思ってたけど聴けば聴くほどあ〜いいかも〜となってきました。さすがつんく♂節。最近はずっきとおださくの美しさに拍車がかかってると思うのは私だけ?夜公演ではTHE FUTUREをカバーしてて、我らがちぇるが2回もソロパートもらっててほんと嬉しかった😭

そして何より夜公演、1曲だけだったけど突然ふくちゃんあゆみんが出てきてスペシャルゲスト紹介。「私たちのことを大好きだと言ってくれる女優さんです」「まゆまゆー!!」そして大画面に映し出される松岡茉優さん!!!!!!!!キャアアアアアア⤴️⤴️⤴️⤴️⤴️とこの日一番の声が出ました。One・Two・Three披露だったんだけど、あの鞘師里保パートをダンスから歌から仕上げてきて(ついでに衣装も)泣きそうになりながら赤振ってました。フェイクまでやってのけるとは思わなかった…。パフォーマンス終了後、MCもなしにさらりと捌けるメンバー達。嵐のようだった…生で見られたことに大感謝です🙏🏻

💫℃-ute

あいり推し。新曲「人生はSTEP!」を披露。まず衣装がピンクサテンベースに黒レースの膝丈パーティドレスとハイヒールというつややかなものでテンション上がりました。なっきぃの背中開きすぎじゃない!?これこの距離で見て大丈夫!?と思いながらガン見。アンダーがありがちなショーパンじゃなくて黒のタイトスカートだったのも上品で素敵だなぁと思いました。私は緩急つけたダンスが大好物なんですが今回そういった振り付けになってて嬉しかったし、タップダンスも取り入れつつさすがのパフォーマンスでした。久しぶりに℃-uteのリリイベ行こうかなぁ…。

MCはあいりが相変わらずふごふごしてて愛おしすぎました。あと抽選で生写真とか終演後グリーティングが当たる企画があったんですが、生写真が当たったブロックに対してちっさーが「推しじゃないからって譲らないでよ!?」と弄ってたのも流石の10年選手だなぁと。やっぱり安定感がありますね。


ハロプロのコンサートはやっぱりチケットとか高いんですが、それ以上に密度のある公演を提供してくれるのでいつも幸せいっぱいで帰ってこれます。どなたかがハロプロには「多幸感」という言葉が合うと仰ってましたが本当にそのとおり!ほんわかした充実感と幸せな気持ちを持ち帰らせてくれるハロプロ、やっぱり推せます。今から行く予定のモーニング武道館、アンジュルム武道館も俄然楽しみです!!